不感症を救うラブグラ

人それぞれが持つ髪が生まれ変われる時期である毛周期を乱し髪1本1本の成長期を短縮してしまう物質DHTは、毛髪を全体的に薄くしてしまい男性の方が思春期を超えた頃から変換生成される物質となり、頭の前頭部の生え際が後退したりあるいは頭頂部が円形になくなり一方からあるいは双方から毛髪の量が減り、男性の方の第一印象を大きく変えてしまいます。
骨格形成や体を支える為に必要な筋肉、男性の象徴でもあるヒゲなどの体毛、あるいは性器を成長または勃起させる為に必要となるテストステロンというホルモンが変換される事により原因物質を作り出してしまい思春期以降になるのは、体が成熟した大人へとなり思春期前に比べ体が必要とはしなくなる為であり、これを変換させるのが5aリダクターゼとなり酵素の1つとなり、この酵素の働きを抑制しない事には脱毛症の症状を抑制する事は出来ず毛髪が失われる速度は早まり、その面積も広がります。
薄毛治療には、髪1本1本に栄養を与える為の外用薬とこういった原因物質の働きを阻害するフィナステリド配合の経口服用薬の2種類があり、プロペシアという錠剤が2005年より国内で販売が医療機関に向けてはじまりました。
プロペシアとは、経口服用する初めての薄毛治療の薬であり医師の処方箋を必要とする処方箋薬であり、フィナステリドを有効な成分とし5aリダクターゼ阻害剤に分類されるのでDHTの生成してしまう5aリダクターゼの活動を抑制阻害する事ができ、症状が進む事を防ぎ薄毛の改善をする事ができます。
半年程の服用を継続する事で症状の改善が目ではっきりと分かるようになり、体感できるとともに成長を止めてしまっていた毛根からも新たな髪の生やす事を期待でき毛髪増量に繋がる結果を期待できます。
自由診療となる為、薬価が高い事が気になる所ですがフィンペシアという同一成分を用いたジェネリックも海外での販売が行われているので個人的に使用を始めたい男性の方はフフィンペシアも有効な治療の薬となります。

【参考サイト】
 ラブグラの購入はコンビニ薬局がお得です。